更新日:

オンラインカジノを選ぶポイント

オンラインカジノを選ぶポイント

オンラインカジノを選ぶにあたり、見るべきポイントを紹介します。

現在、オンラインカジノは2千以上あり、今も増え続けています。なぜ、これほどオンラインカジノがあるかというと、単純にマーケットが拡大しているからです。世界中でネットインフラが整い、スマートフォンの世界的な普及により、オンラインカジノ市場が拡大していることから、オンラインカジノも増え続けています。

ただ、オンラインカジノが増えれば増えるほど、負け組と言われるところや、怪しいところが生まれてくるので、プレイヤーもオンラインカジノを見定める必要があります。

オンラインカジノを見るポイントは以下になります。

日本語対応は充実しているか

まず、日本語対応していないオンラインカジノは避けましょう。
日本語対応してないオンラインカジノは、日本語サポートもなければ、日本向きの決済手段も脆弱です。

大手オンラインカジノは日本語対応していると思っているひとがいますが、そんなことありません。日本マーケットは、英語圏、中国語圏などに比べると小さく、日本語対応していないオンラインカジノがほとんどです。とはいえ、パチンコ・パチスロ市場は約20兆円あり、潜在的な市場は世界最大といわれています。近年、日本をターゲットに開発されたパチスロタイプのスロットマシンが大ヒットをしたこともあり、日本マーケットが急拡大しているので日本参入するオンラインカジノが急増しています。

例えば、カジ旅は

カジ旅は、海外で「Casino Heroes」というブランドでオンラインカジノ運営していますが、日本だけ「カジ旅」という別ネームで運営しています。コンテンツに日本独自のものを取り入れていて、日本市場に力を入れていることがわかります。

基準は日本語チャットのサポート時間

しっかり日本語対応しているかを判断する基準は、オンラインカジノの日本語チャットのサポート時間が掲載しているかです。チャットの日本語サポート時間を掲載していれば、間違いなく日本語対応スタッフを雇用しています。また、日本語チャットのサポート時間が長ければ長いほど、日本マーケットに力をいれているオンラインカジノといえます。

メールサポートのみのカジノは避ける

日本語対応がメールのみで365日24時間対応と掲載しているオンラインカジノもありますが、返信が何日かかるかもわかりませんし、翻訳ソフトで返信してくるといったこともあるので、期待はできません。

オンラインカジノを選ぶポイント 1
機械翻訳でよく分からない返信がきたこともあったし、、数日後に返信がきたことや、返ってこないところもあったよ

日本人向きの決済手段があるか

日本人が入金・出金できる決済手段が充実しているかです。

エコペイズに対応しているか

基準は、電子ウォレットのエコペイズ (ecoPayz) に対応しているかどうかです。エコペイズは、日本でもっとも主要な決済方法なので、エコペイズに対応してないようなオンラインカジノは話になりません。ホームページが日本語に対応していたとしても、実質、日本マーケットは捨てているオンラインカジノです。さらに、ビーナスポイント (Venus Point) やアイウォレット (iWallet) といった決済サービスにも対応していると日本市場に力をいれているということが見えてきます。

また、近年では国内銀行決済サービスも登場しています。このサービスは日本限定の決済方法なので、国内銀行決済サービスを提供しているオンラインカジノは、日本を重要視しているオンラインカジノです。

イベントを頻繁にやっているか

勢いのあるオンラインカジノは、キャンペーンやイベントをコンスタントに開催しています。
イベントを多く開催できるということはそれだけ参加プレイヤーが多いということなので、魅力のあるオンラインカジノといえます。また、日本向けイベントをおこなっているオンラインカジノは、それだけ日本市場に力を入れているということで、日本語サポート体制にも優れているといえます。

ベラジョンカジノ (Vera&John Casino) は毎月いくつものイベントを開催しており、日本独自のイベントも毎月開催しています。日本語サポートも365日あり、日本市場に力をいれているのが分かります。

カジノのライセンスを確認する

オンラインカジノを見るにあたり、どこのギャンブルライセンスを取得しているかも大事です。
イギリス、マルタ、ジブラルタルのライセンスは、ライセンス取得のハードルが高く、審査も厳しいことで信頼性が非常に高く、大手オンラインカジノの多くが取得しています。次に、マン島やキュラソー、カナダ(カナワケ)、フィリピンのライセンスが信頼性があるライセンスといえます。それ以外にもいくつもライセンス発行政府はありますが、正直オススメはできません。

オンラインカジノの主なライセンス

  • イギリス
  • ジブラルタル (英国領)
  • マルタ共和国 (EU加盟国)
  • マン島 (英国王室属領)
  • キュラソー (オランダ領)
  • フィリピン
  • カナワケ (カナダ)

主要カジノライセンス

近年はキュラソーライセンスが急増

ただ、近年は暗号資産 (仮想通貨) の利用が認められているキュラソーライセンスの人気が高く、信頼性の高いマルタライセンスを保持しているオンラインカジノも、キュラソーライセンスに移行するなどといったことも多くみられます。

オンラインカジノの信用性をみる

オンラインカジノによっては、ユーザーからの信頼を高めるために、ギャンブルの第三者監視機関「eCOGRA」や「GLI」による監査を毎月受けて、ゲーム毎の還元率などを公開しています。その資料はホームページに掲載しているので、オンラインカジノの信頼するひとつの判断条件となります。

ただ、近年のオンラインカジノはゲーム数が桁違いに増えていることから、ゲームメーカーでチェックを受けているゲームだけを導入するといったスタイルになってきています。

eCOGRA 証明 GLI 証明

カジノゲームが豊富かをみる

カジノゲームが少なかったり、モバイル対応やライブカジノに対応していないようなオンラインカジノは避けましょう。オンラインカジノのユーザーはすぐに魅力的なものに移っていくものなので、新しいものが提供できていないようなオンラインカジノは厳しいといえます。過去にも大手オンラインカジノでも新しいトレンドに対応できずに、落ちぶれていったオンラインカジノは腐るほどあります。

ジャックポットシティカジノのように、最古参のオンラインカジノでありながら、今もなお世界のトップカジノとして君臨しつづけていることは珍しいことです。

運営会社を知る

オンラインカジノのホームページに、運営会社の情報がどれだけ記載されているかが判断基準となります。
ウィリアヒムルのように世界的企業が社名を冠につけてオンラインカジノを運営しているところは分かりやすく安心できますが、多くのオンラインカジノはそうではありません。

オンラインカジノ業界はM&Aも激しく、人気オンラインカジノ企業が他のオンラインカジノ運営企業に売却されることも多いので、会社によっては二桁のオンラインカジノを運営する企業もあります。ウィリアムヒルや、ジャックポットシティ、ベラジョンカジノの運営企業も、数多くのオンラインカジノを運営しています。

オンラインカジノで運営会社を見て、詳しい情報がなくても、大手ギャンブル企業に買収された会社ということも多々あります。正直ここらへんになると、オンラインカジノに詳しくないひとでないと調べるのは大変です。

当サイトでは、ホームページで判断できること以外に、運営母体の信頼性や、オンラインカジノの人気、ゲームの豊富さ、サポート体制の対応状況なども比較して、オンラインカジノを評価しています。

オンラインカジノを選ぶポイント 2
オンラインカジノの情報をすべて確認していくのは正直大変です。
当サイトを見ればだいたい分かりますので、当サイトをご覧ください(笑)
テキストのコピーはできません。

© 2021 オンラインカジノおすすめ比較