更新日:

エコペイズ徹底解説2022年9月特別ランクUP!ecoPayz登録/使い方/手数料

エコペイズ (ecoPayz) 徹底解説

エコペイズ (ecoPayz) は、日本語オンラインカジノでもっとも利用されている電子マネー決済です。
オンラインカジノに入金したり、勝利金を受けとることができます。オンラインカジノの勝利金を別のカジノに移すこともできるので、オンラインカジノプレイヤー必須といえるサービスです。

エコペイズ (ecoPayz) 公式サイト

https://www.ecopayz.com/ja/

当サイト限定:換金手数料が永久半額!

エコペイズ登録後、本人確認するとシルバー会員になりますが、当サイト経由だと、ゴールド会員にアップグレード!

ゴールド会員になると換金手数料が2.99% ⇒ 1.49%と半額になるので、換金毎に1.5%お得! 通常、ゴールド会員になるには €25,000 (約330万円) の取引が必要です。

⇒ ゴールド会員アップグレード方法はコチラ

エコペイズ (ecoPayz) ゴールド会員アップグレード

エコペイズ / ecoPayz について

エコペイズ (ecoPayz) は、イギリスに本社を置く電子ウォレットサービスで、世界中の通貨を保有でき、インターネットを利用してリアルタイムで送金や受けとりができます。

エコペイズは、多くのオンラインカジノやブックメーカーで入出金でき、日本語オンラインカジノでもっとも利用されている決済サービスです。また、オンラインカジノの勝利金をエコペイズ経由で、他のカジノに手数料無料で送れます。

エコペイズ (ecoPayz) の流れ

エコペイズ / ecoPayz の運営

PCI-PAYエコペイズ (ecoPayz) は、2000年に設立した英国企業 PSI-Pay Ltd. が運営する電子マネー決済サービスです。現在173の国と地域で45種類の通貨によるサービスをおこなっています。

運営元の PSI-Pay Ltd. は、金融行動監視機構 FCA (Financial Conduct Authority) から、電子マネー発行の認可を受けており (Reference number: 900011)、イギリス金融当局の厳しい規制のもと、高いセキュリティで管理され、 資金と個人情報の安全と安心が保証されています。

http://www.psi-pay.co.uk/

運営企業 PSI-Pay Ltd. 運営国 イギリス
開業 2000年 日本語対応 メール
対応国 173カ国 通貨 45通貨
登録住所 Afon House, Worthing Road, Horsham, West Sussex, RH12 1TL, England
対応言語 日本語 / 英語 / 中国語 / スペイン語 / フランス語 / ポルトガル語 / イタリア語 / ドイツ語 / ポーランド語 / アラビア語 / ロシア語
対応デバイス ウェブブラウザ / iOS (Apple)アプリ / Androidアプリ
認可 英国金融行動監視機構 FCA (Financial Conduct Authority)
Reference number: 900011
入金方法 国内銀行送金 / 仮想通貨 / ポケットチェンジ / エコバウチャー
出金方法 国内銀行送金

イギリス金融行動監視機構 FCA

FCA イギリス金融行動監視機構FCA (Financial Conduct Authority) は、英国の銀行、保険会社、投資会社、電子マネー・仮想通貨事業者など、すべての金融機関に対して、公正性の維持・有効な競争の促進を目的に規制・監督している英国の金融監督機関です。FCAは、世界でもっとも厳しいといわれる規制のもと審査しており、FCA認可の金融サービスは世界的に信頼を得ています。

https://www.fca.org.uk/

オンラインカジノに即時送金

エコペイズ (ecoPayz) アカウントを持つ者同士は、ネットさえあれば世界中どこにいても好きな通貨で即時送金できます。

日本語対応のオンラインカジノは、基本的にすべてエコペイズに対応しているので、オンラインカジノへの入金や勝利金の受け取りがかんたんに行えます。

エコペイズ (ecoPayz) オンラインカジノ入出金

充実している入金・出金方法

エコペイズ (ecoPayz) には、多くの入金・出金方法が提供されています。
中でも、収納代行事業者を利用した国内銀行送金や、仮想通貨による入金がおススメです。

仮想通貨での入金に対応

エコペイズ (ecoPayz) では、多くの仮想通貨での入金に対応しています。
仮想通貨をエコペイズに送るとその時点のレートで希望の通貨アカウントに入金されます。仮想通貨での入金は手数料を抑えつつ、スピーディに入金できます。対応する仮想通貨も20種以上あります。

入金できる仮想通貨

Bitcoin / Aave / Cardano / Bitcoin Cash / BNB Mainnet /Binance Chain BSC / Bitcoin SV / Dogecoin / Polkadot / Ethereum / Chainlink / Litecoin / Polygon ERC-20 / Nano / OMG Network / Paxos Standard Token / Qtum / SHIBA INU / SOL / Tron / TrueUSD / USD coin / Tether ERC-20 / Tether TRC-20 / Voyager Token

国内銀行送金に対応

エコペイズ (ecoPayz) では、日本の収納代行事業者による入金・出金に対応しています。
入金は、エコペイズ指定の収納代行事業者の口座に振り込むことで、スピーディにエコペイズに入金できます。出金も日本の収納代行事業者から支払われるのでスピーディに受けとれます。

世界中の通貨に対応

エコペイズ (ecoPayz) マルチ通貨エコペイズ (ecoPayz) は、世界53カ国の通貨に対応しており、複数の通貨アカウントをもつことができます。オンラインカジノの通貨と揃えることで、為替手数料をかけずに入金・出金できます。

また、エコペイズ (ecoPayz) のキャッシュをアカウント内で他通貨に換金したり、他通貨のオンラインカジノに入金することもできます。

エコペイズ徹底解説<subtitle>2022年9月特別ランクUP!ecoPayz登録/使い方/手数料</subtitle>
メジャーな国の通貨は網羅してるよ!

充実の日本語対応&サポート

日本語チャットサポートエコペイズ (ecoPayz) は、日本語対応が充実しています。
ホームページは、ヘルプにいたるまで日本語化されていて、使いやすさも際立っているので安心です。iOS (iPhone) 、Android アプリに関しても、完全日本語対応しています。

また、サポートに関しても日本語対応スタッフがおり、やりとりで困ることはありません。ただ、日本語サポートに関してはメール対応のみなので、やりとりに多少時間がかかります。

使いやすいモバイルアプリ

エコペイズ (EcoPayz) には、iOS (iPhone) とAndroid版のアプリがあります。
使い勝手に優れ、入金や出金・送金がかんたんに行えます。

また、2段階認証にも対応しており、SMSや音声通話による認証や、Google認証システム認証にも対応しているのでセキュリティも安心です。

App StoreGoogle Play

エコペイズ (ecoPayz) スマートフォン
エコペイズ徹底解説<subtitle>2022年9月特別ランクUP!ecoPayz登録/使い方/手数料</subtitle>
2022年2月、生まれかわって使いやすさアップ!

開設や維持にお金がかからない

エコペイズ (ecoPayz) は、アカウント開設や維持に費用はかかりません。
入金・出金をしていれば維持費はかかりませんが、6ヶ月アカウントを利用していないと月€1.5 (約200円) 引かれます。ただ、手数料を払わないで済む方法もあります。

セキュリティ体制も安心

PCI_DSS ロゴエコペイズ (ecoPayz) は、イギリスの金融行動監視機構 (FCA) より電子マネーの発行の認可を受けており、世界の金融センターである英国 FCAの厳しい規定のもと、もっとも高いセキュリティにて管理されています。

世界のデータセキュリティ基準といえるPCI DSS に準拠して運用されていて、Google の2段階認証にも対応しているので、セキュリティ体制も安心できます。

エコペイズ / ecoPayz の不満点

疑われるとアカウントロックされる

エコペイズは、資金洗浄・マネーロンダリングに相当厳しい電子ウォレットサービスです。
本人確認でロックされた場合は、身元証明書類の提出で済みますが、資金の動きで疑がわれてロックされると、資金源の詳細な書類を求めれたりします。迅速に対応しないと、アカウント凍結もあるので注意しましょう。

エコペイズ徹底解説<subtitle>2022年9月特別ランクUP!ecoPayz登録/使い方/手数料</subtitle>
所得書類や資産証明・カジノ履歴を提出させられた時は参った

現在、エコバウチャーは使えない

エコバウチャー (ecoVoucher) ロゴエコバウチャーというギフト券を販売店から購入し、エコペイズ (ecoPayz) に入金する方法ですが、バウチャーの価格が10%以上割高で、購入サイトも英語のみで本人証明に手間がかかるのでオススメできません。また、2022年5月時点、日本からエコバウチャーが購入できるサイトはありません。

日本在住者はエコカード発行不可

エコペイズ (ecoPayz) ホームページには、エコペイズブランドのデビットカード (エコカード) が掲載されていますが、現在、エコカードはEU圏在住のかた以外は、発行することも利用することもできません。

エコペイズ徹底解説<subtitle>2022年9月特別ランクUP!ecoPayz登録/使い方/手数料</subtitle>
勝利金がATMで引き出せて便利だっただけに残念!
エコペイズ (ecoPayz) マスターカード

エコペイズ / ecoPayz 会員登録

まずはエコペイズ会員登録

エコペイズの会員登録は簡単で「ログイン情報」と「個人情報」を入力すると、クラシック会員になります。ただ、クラシック会員はお試しアカウントなのでアップグレードします。

本人確認でアップグレード

「メールアドレスの認証」と「身分証明書&住所証明書類」の画像をアップロードすると、シルバー会員にアップグレードされます。アップグレードすると、複数通貨口座が持て、高額決済が可能となります。

エコペイズ (ecoPayz) の登録の流れ

ゴールド会員アップグレード!

当サイトからエコペイズに登録し、本人確認を行うと特別にゴールド会員にアップグレードできます。
ゴールド会員になると、通貨換金手数料が2.99% ⇒ 1.49% と半額になるので、入出金で換金する毎に1.5%お得! 通常、ゴールド会員になるには €25,000 (約330万円) の取引が必要です。

エコペイズ / ecoPayz の入金

エコペイズ (ecoPayz) の入金方法は、現在5種類になります。
エコペイズでオススメの入金方法は「国内銀行送金」と「仮想通貨」です。また、オンラインカジノの入金で、オンラインカジノ通貨と同じ通貨で入金すると、為替手数料がかからなくて済みます。

エコペイズ (ecoPayz) おすすめ入金方法

おすすめ入金:国内銀行送金

Wire Pay・Pand Pay の銀行送金は、入金がかんたんという点に尽きます。エコペイズ指定の国内事業者口座に振り込むと、約1~2営業日でエコペイズに反映されます。ただ、手数料が5%かかります。

おすすめ入金:仮想通貨

Alternative Payments (仮想通貨) は、手数料を抑えてスピーディに入金できます。仮想通貨してすぐにエコペイズに送れば、指定の法定通貨で入金されるので、仮想通貨の価格変動リスクも抑えられます。

国内銀行送金 / Wire Pay

Wire Pay (国内銀行送金) は、もっともかんたんに入金できる入金サービスです。
エコペイズ指定の国内収納代行事業者の口座に振むことで、エコペイズに反映されます。手数料は5%かかりますが入金はかんたんです。

入金手数料:5% (最低10EUR)
通貨換金手数料:シルバー会員2.99%、ゴールド会員:1.49%

国内銀行送金 / Panda Pay

Panda Pay (国内銀行送金) は、Wire Pay 同様、収納代行による入金サービスです。
エコペイズ指定の国内収納代行事業者の銀行口座に振むことで、エコペイズに反映されます。手数料は5%かかりますが入金はかんたんです。

入金手数料:5% (最低10EUR)
通貨換金手数料:シルバー会員2.99%、ゴールド会員:1.49%

仮想通貨 / Alternative Payments

仮想通貨での入金は、手数料をできるだけ抑えることができる入金方法です。
エコペイズ指定のアドレスに仮想通貨を送ると、ユーロやドル、円など指定した通貨で入金されます。ただ、仮想通貨取引所で仮想通貨を購入する必要があるので、仮想通貨を把握しておく必要があります。

入金手数料:無料
※仮想通貨の送金手数料は、お手持ちの仮想通貨取引所によって異なります

ポケットチェンジ / Pocket Change

空港や観光地に設置されているポケットチェンジ端末から入金する方法です。
ポケットチェンジ端末も増えていますが、為替レートが割高なので、レートが良くなることを期待します。外貨が余っているかたや、家族に入金がばれたくないといったかたにおススメです。

入金手数料:無料
為替レート:10%ほど割高
入金時、クーポンコード「9901320」を入力するとレートが2%程引かれます

エコバウチャー [利用不可]

バウチャー販売サイトから購入したエコバウチャー (金券) で入金する方法です。
ただ、バウチャー購入サイトは日本語対応しておらず、本人確認なども必要なのでおススメできません。また、現時点日本でバウチャーが購入できるサイトはありません

入金手数料:2.9%
バウチャー:10%以上割高

VISAカード [ギャンブル不可]

エコペイズは、VISAカード入金が可能ですが、非ギャンブルアカウントに変更する必要があります。
非ギャンブルアカウントにすると、二度とオンラインカジノやスポーツベットに入出金できなくなるので、実質オンラインカジノでの利用は不可となります。

エコペイズ / ecoPayz の出金

エコペイズ (ecoPayz) には、現在2つの出金方法があります。

エコペイズ (ecoPayz) おすすめ出金方法エコペイズでオススメの出金方法は「高速現地送金」です。
おススメの理由は、振り込まれるのが早く手数料も安いからです。

1,500EUR (約20万円) 以上の出金だと1%の送金手数料ですし、外貨から日本円の換金手数料も、当サイトからエコペイズに登録したひとだと1.49%ですみます。合計2.49%の手数料でスピーディな出金ができるのでオススメです。

高速現地送金 (国内銀行送金)

「高速現地送金」は、国内の収納代行事業者から払われる出金サービスです。
国内事業者から支払われるため、ほぼ1~2営業日で振り込まれ、手数料も割安なのでおオススメです。

出金手数料:1% (最低15EUR)
通貨換金手数料:シルバー会員2.99%、ゴールド会員:1.49%

ローカル出金 (国内銀行送金)

「ローカル出金」は「高速現地送金」同様、国内の収納代行事業者から払われる出金サービスです。
国内事業者から3~5営業日で振り込まれ、手数料も割安です。

出金手数料:1% (最低15EUR)
通貨換金手数料:シルバー会員2.99%、ゴールド会員:1.49%

エコペイズ / ecoPayz の手数料

エコペイズ (ecoPayz) には、5つのランクがあります。
取引金額によってランクアップしていき、ランクによって取扱金額や手数料が変わります。

エコペイズの会員ランク

クラシック会員 会員登録した時点は、クラシック会員
シルバー会員 身分証明書類の提出で、シルバー会員にアップグレード
ゴールド会員 業者に累積 €25,000送金で、ゴールド会員にアップグレード
プラチナ会員 業者に累積 €50,000送金で、プラチナ会員にアップグレード
VIP会員 業者に累積 €25,000送金で、VIP会員にアップグレード

エコペイズ手数料一覧

サービス Classic Silver Gold・Platinum VIP
アカウント開設 無料
入金:Wire Pay 5%
入金:Panda Pay 5%
入金:仮想通貨 無料
入金:ポケットチェンジ 無料
入金:ecoVoucher 2.90%
入金:クレジットカード 日本では利用できません
入金:Western Union 日本では利用できません
出金:高速現地送金 × 1% (最低15EUR)
出金:ローカル出金 × 1% (最低15EUR)
出金:国際送金 × 10 EUR
出金:Zestpay 日本では利用できません
送金:自己通貨間 × 無料 ※ 換金手数料は掛かります
送金:個人 × 1.5% (最低15EUR) 無料
送金:企業 無料
通貨換金 2.99% 1.49% 1.29%
1年休眠後の口座維持 1.50 EUR/月

当サイト限定:換金手数料が永久半額!

エコペイズ登録後、本人確認するとシルバー会員になりますが、当サイト経由だとゴールド会員にアップグレード!

ゴールド会員になると換金手数料が2.99% ⇒ 1.49%と半額になるので、換金毎に1.5%お得! 通常、ゴールド会員になるには €25,000 (約330万円) の取引が必要です。

⇒ ゴールド会員アップグレード方法はコチラ

エコペイズ (ecoPayz) ゴールド会員アップグレード

エコペイズ / ecoPayz の注意点

エコペイズ (ecoPayz) は、イギリス金融当局から認可を受けた電子マネー事業者なので、厳格な監査が行われています。エコペイズを利用にあたり、注意すべき点をお伝えしておきます。

アカウントは1人1つのみ

エコペイズ (ecoPayz) は、複数アカウントを作ることが禁止されています。
アカウントを複数作った場合、すべてのアカウントが凍結されます。メールや氏名・住所を変えればアカウント登録はできますが、マネーロンダリングの疑惑がかり、内部調査を受けることになるのでやめましょう。

身元証明書類を提出する必要がある

エコペイズ (ecoPayz) は、身元証明書類の画像を提出しないと、一定金額以上利用できません。
身元証明書類を提出するとアカウントがアップグレードされ、高額入金や出金ができるようになります。
提出書類は、以下になります。

身分証明書

写真と生年月日が分かる現行の身分証明書の画像を提出します。

  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 運転免許証 (両面)

住所証明書類

発行3ヶ月以内で、名前と住所が記載されている書類の画像を提出します。

  • 銀行取引明細書
  • 水道光熱費請求書
  • 住居証明書

エコペイズからの連絡には速やかに対応する

エコペイズ (ecoPayz) では、疑惑がもたれるアクションを確認すると、イギリス金融当局ガイドラインに沿って内部調査が行われます。審査は厳格に行われるので、エコペイズからの確認連絡がきた場合は、速やかに対応しないと最悪資金凍結ということもありえます。

高額キャッシュを長期間放置しない

エコペイズ (ecoPayz) に、高額キャッシュを長期間放置するのは止めましょう。
エコペイズでは、長期間放置されているアカウントのキャッシュが高額であるほど、内部調査の対象になります。高額勝利金を得た場合、早めに出金することをおススメします。

疑われる資金移動はしない

エコペイズ (ecoPayz) で、大金を知人のアカウントに送るのはおススメしません。
通常利用とかけ離れた個人間送金は、マネーロンダリングが疑われる要素になりかねません。送金できても、送金先のアカウントから出金する際に、説明を求められることもあります。

資金源は正しく報告する

エコペイズ (ecoPayz) にログインした際に「資金源」を選ぶ項目が表示されることがあります。

イギリス金融当局指導のもと、マネーロンダリング規制を遵守するにあたり、一定のキャッシュがあるユーザーに情報確認をおこなっているものなので、正しい項目を選びましょう。

資金源で何を選ぶか

給与所得からエコペイズに入金している場合「給与所得」で問題ありません。ただ、証明書類の提出が必要になることもあるので、正しい項目を選ぶ必要があります。

エコペイズ (ecoPayz) 資金源

資金源の項目

  • 給与所得
  • 相続
  • 貯蓄・年金収入
  • 投資利益
  • 賃貸収入
  • 政府支払

証明書を求められたら提出する

エコペイズ (ecoPayz) では、2021年からギリス金融庁指導に基づいたガイドラインが厳しくなり、ガイドラインに引っかかったユーザーに書類の提出を求めてきます。提出期限までに提出しないとアカウントがロックされるので出来るだけ早く対応しましょう。

求められることのある書類一覧

  • 身元証明書
  • 自撮り写真
  • 住所証明書
  • 身分証明写真
  • 資金源
  • その他

6ヶ月使わないと休眠手数料がかかる

エコペイズ (ecoPayz) は、6ヶ月利用しないと休眠手数料として、毎月€1.5 が引かれます。
ただ、休眠手数料は回避する方法があります。エコペイズ内で送金を行うことで回避できます。また、エコペイズからキャッシュをすべて引き出せば、休眠手数料が引かれることもありません。

6年間休眠状態だと残金が没収される

エコペイズ (ecoPayz) は、6年間休眠状態だとアカウントのキャッシュが没収されます。
休眠手数料の支払いをしていても、6年間休眠状態だとアカウントのキャッシュが没収されますので、お金を預けたまま長期間放置するのは止めましょう。

テキストのコピーはできません。